うつくしき 自然とつながる暮らし方

秋分 二十四節気 9月23日-10月7日/くらしの歳時記 七十二候 September 23, Shubun, solar term

投稿日:2017.09.23rd

秋分

二十四節気 秋分は、二十四節気の16番目の節気。

秋の半ばを迎えました。

今年は9月23日から10月7日までです。

 

太陽が黄径180度(秋分点)を通過し、

太陽が真東から昇り、真西に沈みます。

春分と同じく、昼と夜の長さがほぼ同じころです。

 

夕刻、昼と夜が混ざったような空が見られます。

 

古来より農村部では、

春分の頃に豊作を祈り、

秋分の頃に豊作を祝う自然信仰がありました。

 

山の神様や先祖を春分以前に山から里に迎え、

秋分以降に里から山へ送る儀式。

そして、

仏教の浸透とともに秋分は「秋の彼岸」として祖先を供養する日として定着してゆき、1948年には「祖先を敬い、亡くなった人を忍ぶ日」として国民の祝日に制定されました。

 

春分・秋分を中日とし、

前後3日からの合計7日間をそれぞれ春の彼岸、

秋の彼岸とします。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」

 

102歳で昨年亡くなった祖母も、

この節気になると、よく口にしていたことを思い出します。

 

お彼岸の頃の食べ物と言えば

ぼた餅やおはぎ

 

どちらも同じ小豆に包まれたお餅。

名前の違いは、

春は「ぼた餅」
   ⇨ 牡丹の花咲く季節
秋は「おはぎ」

   ⇨ 萩の花咲く季節 からきています。

 

コスモスも咲き始めています。

 

自然栽培農家のおはなし

 

私の住んでいる大分県中津市下郷地区で、

お米を自然栽培、

昔ながらの掛け干しをされている

都会からの移住者がいらっしゃいます。

 

お手伝いに伺った時のこと。

田んぼのお仕事をしていると、

ご近所さんが時間を見計らって、

お茶やお漬物、甘いものを差し入れてくださいます。

 

しかも作業の邪魔にならないように、

何気なく。

 

この日は、

お手伝いの見ず知らずの私の分までご用意してくださいました。

 

この時期、田んぼのあぜ道では彼岸花の姿もよく見かけます。

別名 曼珠沙華

曼珠沙華とはサンスクリット語で

天上に咲く花。

白くて柔らかく、見る者に悪を離れさすはたらきがあるという。(大辞林より)

 

真紅の曼珠沙華も綺麗ですが、

白の曼珠沙華も神秘的で美しいですね。

 

願いが込められた小豆作り

 

川に挟まれ、

山の上へと続く棚田の畦道はきれいに整備され、

小豆が植えられています。

 

これは昔ながらの手摘みの小豆。

稲を植える頃に、

小豆も植え時期を迎えます。

 

田んぼのお仕事の合間に小豆を植えて、

休憩時間に畦道の草むしりをし、

大切に育てます。

 

田んぼのお仕事だけでも大変なのに、

休憩時間にまで農作業…

しかも全て手作業。

 

気が遠くなりそうです。

 

そんな大変な作業を支えているのは、
大切な人たちへの想い。

 

あの子の誕生日、

この子のお祝い…

幸せを願いながら、育みます。

 

未来への祈りや願いが目で見える形に育ち、収穫し、

小豆はお赤飯やおはぎなどに姿を変えて、

お祝いの席を彩ってきました。

 

小豆の赤色には

災難が身に降りかからない効果があると信じられていて、古くから邪気を払う食べ物としての信仰が、先祖の供養と結びついたと言われています。

 

一粒に日々の祈りや願いが込められいる、

これこそが最高のお守りのよう思うのです。

 

小豆は縄文遺跡からも発掘されている古い作物です。

今も昔も変わらない、大切な人の幸せ願う想い。

今日、おはぎを召し上がる時、きっとあなたも守られていますよ。

 

この時期に咲く草花は、なかなかに個性的です。

 

茶花でよく使われる ダンギク (段菊)

 

その姿、何かに似ていませんか?

そう、お寺の五重塔の相輪です。

相輪のように花が段になっていて、

葉は菊に似ていることからダンギクと名が付きました。

 

 

二十四節気を、

さらに3つに分けたものが

七十二候(しちじゅうにこう)と呼ばれるものです。

 

秋分の七十二候

 

初候:雷乃声収 (かみなりこえをおさむ)

夕立と共に鳴る雷がなくなってきます。

雲は夏の入道雲から秋の鰯雲へと変化。

 

 

次候:蟄虫戸坏 (すごもりのむしとをとざす)

虫たちが土の中で過ごす準備を始めるころ。

 

 

末候:水始涸 (みずはじめてかれる)

田んぼから水を抜いて、稲刈るころ。

 

次の24節気は「寒露」

10月8日〜10月23日です。

 

 

_______________________________________

本徳幸恵 Hontoku Sachie

自然療法家・僧侶

総合療法の一法として、多国籍で、無国籍、ヴィーガニズムでホリスティックな食をプログラムしております。世界中の料理、例えば、フレンチ・イタリアン・地中海・中華・和・アジア・中東…等や、種々の食事療法を、医食同源としての集大成を「ホリスティックカフェ食」として結実させたオリジナル食事療法を行っております。

ヒト、動物、微生物、細菌、ウイルス等、地球上の全てが、それぞれが尊重し合い、愛をもって、愉しく健康に共存していけるホリスティックライフを目指します。

幼少の頃よりアトピーや喘息、背骨の病気などで様々な治療を試みました。成長とともに表面化しなくなってきましたが、20代後半で卵巣の手術、30代前半で子宮筋腫、家族の病気などを通し、衣食住を根本から見直し、ヴィーガン生活を初め、試行錯誤しながら1年で病気を克服。以後8年間ヴィーガン生活を続けました。気持ちの上でも、病院での数値でも不都合はありませんでしたが、病の根本を知ろうとジビエを取り入れたことで、より効率的に身体が使えると体感し、自家菜園を中心とし、地域性を取り入れた生活をしております。

現代人は頭ではわかっていても、口は洋食やジャンクフードに慣れてしまっていて、続けることが難しいことが多いようです。私が心がげていることは「心と身体が満足する」ことです。食生活に気を付けようと思う方は何かかしらの「苦」をお持です。我慢することなく、一人で頬張るのもいいですし、気のあう者同士で分かち合うのもいいですし、愉しい、これなら続けられる者同士で分かち合うのもいいですし、愉しい、これなら続けられる、そんな豊かな未来につながっていくことを求めている日々です。

アロマセラピスト/ハーバルセラピスト/表千家地方講師/総合療法研究所ホリスティックカフェ オーナーシェフ

_______________________________________

 

二十四節気(にじゅうしせっき)とは?

 

太陽の動きをもとに、
太陽が移動する天球上の道の黄道を
24等分したものです。

春、春分、夏至など、
季節を表す言葉として用いられています。

二十四節気は、

毎年同じ時期に同じ節気がめぐります。

そして、節気の間隔は約15日で、

半月ごとの季節変化に対応していますので、

天候に左右される農業の目安とされてきました。

季節を知るよりどころでもあり、

天候や生き物の様子が表現されることから、

今でも年中行事や事項の挨拶など色々なシーンで使われています。

 

A solar term is any of 24 points in traditional East Asien lunisolar calendars  that matches a particular astronomical event or signifies some natural phenomenon.

 

 

編集:akaza eri /kosake kumika

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

#[date] not found#
月齢/#[moonname] not found#

#[message1] not found# #[message2] not found#