腸と菌活 > 腸美人読本 11: 日本人に一番よいハーブ 日本茶

2016年12月27日 更新

腸美人読本 11: 日本人に一番よいハーブ 日本茶

yatenn

yatenn

いにしえの昔からお茶は愛されてきました

茶の湯・千利休の時代は

お茶は無農薬栽培でした。

 

しかし、いま

日本のお茶には

ほとんど農薬が使われています。

 

農薬を使わずに育てられたお茶に

本来のパワーが秘められています。

 

 

%e8%8c%b6%e7%95%91

 

日本茶は世界に誇るスーパーフード

つい、海外のモノに飛びつこうとしてしまいますが

千年の歴史のある日本茶には

素晴らしい効能があります。

 

日本茶に含まれるカテキンは、

ファイトケミカルで抗酸化作用を持ちます。

 

カテキンは、小腸でほとんど消化されずに

オリゴ糖と同じく、大腸まで届いて働きます。

そうして、便秘で弱った腸内環境を

悪玉菌優勢から善玉菌優勢へ変えてくれます。

 

お茶本来のパワーを安心していただくために

腸美人は、希少な無農薬な日本茶にこだわりたいのです。

 

 

 

 

腸美人読本12 「月と腸美人」につづく

 


 

究極のチャレンジは

独自のスタイルと魅力を確立することよ。

(マドンナ/アメリカのシンガーソングライター、女優)

 

 

この記事を書いた人

日本腸美人コンシェルジュ協会

日本腸美人コンシェルジュ協会

「健康的な笑顔あふれる美しい腸美人」を増やし、幸福感あふれる世の中にすることを使命とし、自然と調和する「食事法」と「ライフスタイル」を伝える腸美人コンシェルジュを育成しています。腸内環境を整える腸美人食や菌活ライフスタイルを学ぶ基礎講座から講師育成講座まで開催しており、有資格者が好きなことを仕事にするための活動支援も行っています。 「暮らしの発酵de腸美人」運営。 公式HP

follow us

  • facebook
  • twitter
  • instagram