うつくしき 自然とつながる暮らし方

思わずろうそくの火を灯したくなる絵本:あかり〈大人の心に響く絵本002〉

投稿日:2017.02.21st

とても優しい気持ちになれる絵本を見つけました。

 

一本のろうそくが主人公。

はたして、どんなお話が始まるのでしょうか。

 

ehon002_2

 

生まれてまもない赤ちゃんのそばに、一本のろうそく。

オレンジ色の炎が、部屋をやさしく照らしています。

おかあさんが、生まれてきた女の子の幸せを願って、ともしたのです。

 

ehon002_3

 

ろうそくの火は、何度も部屋をやさしいあかりで包みました。

成長する女の子を見守るように。

しあわせな時も、つらい時も、どんな時も…。

 

ehon002_4

 

小さな炎が、一緒に悩んだり、話を聞いたりしてくれているなんて…。

なんてやさしいろうそくなんだろう。

 

ehon002_5

 

ところが、時が過ぎ、ろうそくに火がともることもなくなってきました…。

忘れられたのかなあと、

悲しい思いをするろうそく。

 

ehon002_6

 

でもね、最後にはうれしい出来事が待っています。

ほっと心が温かくなりました。

 

ehon002_7

 

お日さまよりも、お月さまよりも、心の奥をそっと照らしてくれる、

ろうそくのあかり。

いいなあ、こういうやわらかなあかりって…。

 

思わず家にあるろうそくに火をともしたくなってきました。

 

…しあわせのことば…

心にやさしいあかりが、ともりますようように…

 

ehon002_cover

絵本:あかり

作:林 木林

絵:岡田 千晶

 

__________________________________

ライター:こまち

komachi01

「児童書」選びの達人「こまち」 

一年間に読む本は100冊以上。いい本はないかと足蹴く図書館へ通い続ける京都人。素晴らしい児童書は、子供達だけでなく、たくさんの大人にも読んでほしい。そんな思いを込めて、絵本の紹介をしていきたいと思っています。大人の皆さんの心をホッと温かくすることができる本を見つけていく、そんな絵本の旅にお付き合いくだされば嬉しいです。

________________________

編集ライター:小酒 句未果

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

2017年8月17日(木)
月齢/有明月

お掃除やお洗濯などの汚れが落ちやすくなる日。 発酵水を活用してみましょう。