うつくしき 自然とつながる暮らし方

世界中の植物園を訪ねてみたくなる絵本:大きな木のような人

投稿日:2017.05.14th

青々とした緑が美しい季節となってきました。

植物の絵が美しく

いつまでも眺めていたい絵本があります。

 

物語の舞台は、フランスのとある植物園。

こんな一文から始まります。

「門をはいると、空気がかわる」

 

ehon006_2

 

植物園のあちこちに出没しては

絵を描いている女の子

「さえら」が主人公

 

ehon006_3

 

そんな女の子が気になる

おじさまがもう一人の主人公。

もう何十年も木の研究をしているおじさまみたいです。

 

ehon006_4

 

「さえら」のことを見守るおじさま。

色々と木のことを教えてくれます。

 

なんと、このアカシアの木は400歳!

 

ehon006_5

 

プラタナスの木は

250年も根をはって生きている

 

ehon006_6

 

植物園に咲く色とりどりのお花

木の研究家のおじさまと、

さえらの楽しい日々。

 

ehon006_7

 

これはエンジュの木

この絵本、様々な木が描かれていて

水彩画の淡くてやわらかいトーンが美しい。

 

ehon006_8

 

わたしの家の近所を散歩をしていていたら・・・

青空に緑が映えてきれい

なんて名前の木なんだろう?

絵本の中のおじさまに尋ねてみたいなあ

 

好奇心旺盛で、ちょっとさびしげな少女さえら

根っから植物が好きな心の広いおじさま

そんな二人の友情の物語

木や花の美しさと、温かい心の交流に癒されます。

 

… しあわせの言葉 …

「人はみな心の中に、一本の木をもっている」

 

そうか、みんな心の中にもっているんだ、一本の木。

あなたの心の中には、
どんな「心の木」があるのでしょうね。

 

ehon006_9

絵本:大きな木のような人
作:いせひでこ

________________________

ライター:こまち

komachi01

「児童書」選びの達人「こまち」 

一年間に読む本は100冊以上。いい本はないかと足蹴く図書館へ通い続ける京都人。素晴らしい児童書は、子供達だけでなく、たくさんの大人にも読んでほしい。そんな思いを込めて、絵本の紹介をしていきたいと思っています。大人の皆さんの心をホッと温かくすることができる本を見つけていく、そんな絵本の旅にお付き合いくだされば嬉しいです。

________________________

編集ライター:小酒 句未果

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

2017年6月28日(水)
月齢/三日月

新しい学びや再挑戦のチャンス。 やる気を大切なことに集中させて、前に進めていくパワーがあります。