うつくしき 自然とつながる暮らし方

クルクル変わるうさぎの表情にくぎづけ:絵本「しろいうさぎとくろいうさぎ」

投稿日:2017.12.11th

表情豊かな動物を描いた絵本は数あれど、

この絵本の主人公のうさぎの表情は素晴らしい。

 

様々な表情からうさぎの気持ちが伝わってくる、
心温まる絵本です。

 

広い森に住んでいる2匹の小さなうさぎが主人公

 

とっても仲良し

 

うまとび、かくれんぼ、かけっこ

クローバーくぐりetc…

 

一日中楽しく遊んでいます。

 

 

でもね、

くろいうさぎ…

 

時々とても悲しそうな顔をして座りこむんです。

 

 

「どうかしたの?」

 

心配するしろいうさぎ

 

「うん、ぼく、ちょっとかんがえていたんだ」

 

 

何度も何度も繰り返す、

くろいうさぎの悲しげな表情と仕草

 

そのたびに心配するしろいうさぎ

 

いったいどうしたんでしょう?

くろいうさぎは…

 

そのあと、

思いきって自分の思いを告げるくろいうさぎ

 

「いつもいつも…」

 

この言葉のあとに、

くろいうさぎは大切にしていた思いを打ち明けます。

 

 

その言葉を聞いて、

目をまん丸くして驚くしろいうさぎ。

 

はたして、

くろいうさぎは何を考え込んでいたんでしょう?

 

それを聞いたしろいうさぎは、

何と答えたんでしょう?

 

皆さん、想像してみて下さい。

 

 

それからというもの、

もうくろいうさぎは悲しいそぶりは見せません。

 

森の動物達が、

うさぎ達の幸せな様子を見にやってきます。

 

 

<しあわせのことば>

くろいうさぎが、勇気を出して告げた言葉から…。

「いつも いつも、いつまでも!」

 

くろいうさぎは、このあと大事な言葉を言っています。

皆さんも、

このあと幸せな気持ちになれる言葉を

考えてみてはいかがでしょうか。

しあわせな気持ちが、

いつまでも続きますように…。

 

絵本「くろいうさぎとしろいうさぎ」

作:ガース・ウイリアムズ

訳:まつおかきょうこ

 

___________________________________________________

 

ライター:こまち

komachi01

「児童書」選びの達人「こまち」 

一年間に読む本は100冊以上。いい本はないかと足蹴く図書館へ通い続ける京都人。素晴らしい児童書は、子供達だけでなく、たくさんの大人にも読んでほしい。そんな思いを込めて、絵本の紹介をしていきたいと思っています。大人の皆さんの心をホッと温かくすることができる本を見つけていく、そんな絵本の旅にお付き合いくだされば嬉しいです。

 

編集:kumika kosake

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

#[date] not found#
月齢/#[moonname] not found#

#[message1] not found# #[message2] not found#