うつくしき 自然とつながる暮らし方

こころ浮きたつ花詩(はなうた):絵本「たんぽぽヘリコプター」

投稿日:2018.03.19th

家の近くの桜が、たくさん咲いてきました。

 

春ですね

 

そんな折、

季節の植物を優しい目線で描いた素敵な絵本に出合いました。

 

まずは、

絵本のタイトルともなっている

「たんぽぽヘリコプター」

 

たんぽぽの綿毛をヘリコプターに見立てるなんて

なんてこころ豊かなのでしょう。

 

ふんわりとした躍動感あふれる場面です。

 

道端に咲いているたんぽぽを見かけたら、
思わず声をかけそうになるかもしれません。

 

 

 

春といえば桜

 

詩の題名は

「さくらの はなさん」

 

雪の日も枯れないで立っていて
春に花咲かせる桜の花

 

そう思うと、

毎年毎年咲く桜の花って、

健気で強い。

 

見に行って、

ほめてあげたくなってきます。

 

 

とても印象に残ったのが

 

「すみれの はな」

 

さみしい山道に一つだけ、

ひっそりと咲いている。

 

凛としたたたずまい

 

こもれびの中で光る姿は、

まるでスポットライトをあびたスターのよう。

 

 

思わず顔がほころんでしまう
13の花物語

 

まどみちおさんの詩と
南塚直子さんの銅版画で描かれた この絵本

 

まどさんのシンプルで、ときおりユーモラスな詩は、

心にストンと入ってきます。

 

南塚さんの純粋な愛あふれる銅版画は

素直な気持ちになれ、魅入ってしまいました。

 

 

・・・しあわせのことば」・・・

「すみれの はな」より

すみれのはな それは ちいさな こもれびに

いっしょうけんめい さいてたよ

 

「たんぽぽヘリコプター」

まど・みちお=詩  南塚直子=絵

 

・・・・・・・・・・

 

今の季節

「たんぽぽ」を主題としたこんな絵本もおすすめです。

 

たんぽぽ

甲斐信枝 作・絵

 

雑草を愛する 京都 嵯峨野に住む 甲斐さん

嵯峨野で雑草巡りをすると

植物に話しかける甲斐さんに会えるかもしれません。

 

 

___________________________________________________

ライター:こまち

komachi01

「児童書」選びの達人「こまち」 

一年間に読む本は100冊以上。いい本はないかと足蹴く図書館へ通い続ける京都人。素晴らしい児童書は、子供達だけでなく、たくさんの大人にも読んでほしい。そんな思いを込めて、絵本の紹介をしていきたいと思っています。大人の皆さんの心をホッと温かくすることができる本を見つけていく、そんな絵本の旅にお付き合いくだされば嬉しいです。

___________________________________________________

 

編集:kumika kosake

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

#[date] not found#
月齢/#[moonname] not found#

#[message1] not found# #[message2] not found#