うつくしき 自然とつながる暮らし方

満月の贈り物〜2017/10/6-2017/11/3

投稿日:2017.10.4th

10月6日は満月
昨年の秋からの物語を振り返り
あらためて自分自身の存在を
見つめ直すような時間の中で
満たされていきます

一年という時間をかけて
関係性が大きく変化していく中で
ワタシの輪郭が浮かび上がり
調和の世界が広がって

そしてここからは
はっきりと見えてきた自分の世界を
深く深く見つめていく時間の扉が
開いていきます
秋空とともに
空気が大きく変わっていきます

まだその扉を開くのは
おそるおそるかもしれないけれど
10月20日の新月には
この一年を潜り抜けたからこそ
あらたに踏み出していきたい思いが
立ち上がります
ココロの引き出しの中にしまってあったものの
ひとつの答えが見えてくるのかもしれません

この秋の深まりゆく時間が
これからの大きな流れをイメージすることを
手伝ってくれます

実りを感じる麗しい一ヶ月となりますように

 

 

 

**astrological herbal self care advice**

今回の満月はちょうど中秋の名月の頃。
もっとも月が美しい季節。
アーユルヴェーダでは秋の月の光が、
夏に蓄積された体の内側の熱や身体の疲れを
やわらげてくれるといわれています。
空気がひんやりとなりすぎる夜更けは風のエネルギーが
強くなってしまうので、すこし早めの時間にお月見をすると
心も潤してくれるようです。
お食事やワインを楽しんだり、虫の鳴き声に耳を澄ませたり・・・
秋の夜の豊かな時間にローズやゼラニウムの香りを焚くと
心をバランスし、この一年の実りを受け取れそうです。

 

 

次回は11/4からの満月の贈り物です

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

#[date] not found#
月齢/#[moonname] not found#

#[message1] not found# #[message2] not found#