発酵と料理 > 冬のお菓子:熟成発酵菓子シュトレン:Noel クリスマス黒シュトレン

2016年12月27日 更新

冬のお菓子:熟成発酵菓子シュトレン:Noel クリスマス黒シュトレン

Back Camera

はじめて シュトレンというお菓子を知った時
なんてロマンチックなお菓子なの・・と、魅了されていきました

クリスマスの降誕祭にむけて
家族で一切れづつ食べてその日を楽しみにしていくお菓子。

時間と共に熟成し、美味しくなっていくなんて・・・
神秘的・・・

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%ef%bc%91

写真は、自然栽培&発酵熟成菓子の店をしてた時

トナカイの剥製

モミの木の香り

赤いキャンドル

イタリアの田舎町のキリスト誕生の馬小屋の模型

キリストのおくるみの形を模ったシュトレンを木箱に入れて。

熟成されて美味しくなる不思議を解読したくて
たくさん焼いているうちに
アンティークのモールドで
黒羊のシュトレンを焼いてみました

【熟成発酵菓子:Noel 黒シュトレン】

—rƒVƒ…ƒgƒŒƒ“

フランスアンティークの会話も素敵な想い出

でも、田舎では理解していただけず
愛して支えてくださる方はほんのすこしだけ・・・

凹みそうになってたころ
東京の食通の方にクリスマスプレゼントにしただき
有名人の方々にも感動していただき
日本一美味しいとお手紙もいただきました。

そして、ドイツ菓子研究家の方にも。

熟成菓子という概念がまだないころから
愛してくださった方のおかげで
数年間、発酵熟成の研究ができて、いまがあります。

冬の神秘的なお菓子シュトレン。

 愛して支えてくださった方に

 

Back Camera

また焼きたいな。

VEGE Celeb 可愛い店でした。

Merry Cristmas

 

〜しあわせのことば〜

愛していただき支えてくださったことを思い出し
感謝する日にしたい クリスマス

 

 

この記事を書いた人

あかざえり

あかざえり

クリエイティブディレクター
「コンセプト、空間、グラフィック、器、料理まで、トータルデザインするプロデューサー。ミシュラン星付きレストランやクリニックなど多数手掛けてきたが、師匠が癌で他界したことをきっかけに、デザインの力で人生は変えれても、人の命は救えないことに気づき、京都の百年町家で暮らしはじめる。薬草を育て、自然とつながる暮らしに没頭。いつのまにか、デザインする発酵研究家に。(社)日本腸美人コンシェルジュ協会 代表理事。「発酵生活de腸美人」編集長。

follow us

  • facebook
  • twitter
  • instagram