うつくしき 自然とつながる暮らし方

天然ソープ:ソープナッツ 木の実の洗剤は暮らしの知恵

投稿日:2017.04.22nd

ソープナッツとは

インド・ネパールなどに広く自生する木
ソープナッツツリーの実です。
インドでは「リタ」と呼ばれています。
日本の無患子(ムクロジ)と同じです。

その木の実がなんと石けんになるのです

 

56粒を布袋に入れて洗濯物と一緒に洗うと
大豆にも含まれているサポニンの効果で
泡が立ち汚れを落とし柔らかく仕上がるすぐれもの。
(※サポニンは天然の界面活性剤)
乾かすと1020回繰り返し使え、使い終えたら土に還します。

 

植木鉢の根元に植えると良い肥料になるそうですよ。
洗濯物だけでなくお風呂のシャボン、シャンプー、リンスの代わりに使え、
髪はリンスいらずのさらさら仕上げのうれしい効果も。

植物で酵素洗剤を作るのも楽しければ、
こうして、すでにある実をいただいて用いるのも暮らしの知恵ですね。


東北ではむかし、ムクロジの実を浸した液でやわらかく漆器を洗っていたと耳にしたこともあります。

たとえば。
豆乳ヨーグルトや酒粕も食べるだけ飲むだけと思いがちですが
パックにしたり火傷の手当てにもちいたり
「あれ?今使っているものってなんだっけ?」
と思ったこともありました。

シャンプー、リンス、洗濯、食器の洗剤、肥料、
こまごまと用途に分けているのはこちらの考えで、
ひとつのものでなんでもできるものなのだなー、としみじみ。

ムクロジのこと、いろいろ


1,和名を延命皮(えんめいひ)と言い、
  漢方薬として強壮・止血・消炎などの薬効があるそうです。

2,漢字で書くと「無患子」
  読んで字のごとく、
  子どもが患わない(=病気をしない)という意味です。

3,ムクロジの種は黒くとても硬く、
  日本ではその種を羽子板の羽根の玉に!

4,釈迦がムクロジを数珠にせよと説いたことから、
  寺院にはムクロジの木が植えられているところが多いそう。

馴染みがなくとも、知らず知らずに目にしていることがありそうですね。

 

写真・文 井口和泉 旅する料理家
izumi

フランス、福岡、東京で料理とお菓子を学ぶ。 庭で育てる野菜やハーブ、野草、果物を使った四季折々の保存食&発酵食作りの美しさに憧れるファン多数。旅を通して「風土と食卓」をむすぶレシピ作り、 ワークショップや教室、料理会、メディアや企業へのレシピ作成&監修、商品開発のアドバイス、旅と食にまつわるエッセイの執筆など「美味しい」を伝える伝道者として、ワークショップ「発酵の三、五、七日間」は各地で大好評。2013年狩猟免許試験合格。
日本腸美人協会講師   L’Ecume des Jours代表

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

2017/05/26・新月

新月䛿䛿じまり䛾ときです。心䛾声に耳を傾け、新しいサイクル䛾一歩を踏み出す䛾に最適ですよ。