発酵と料理 > 簡単/自家製・酵素ドリンクの作り方/薬草 ハーブ 果物 季節 ダイエット

簡単/自家製・酵素ドリンクの作り方/薬草 ハーブ 果物 季節 ダイエット

薬草酵素

 

 

自家製酵素ドリンクの作り方をご紹介いたします。

 

 

▶材料

 薬草ハーブ 1kg(季節の果物、野菜などでもok)

 砂糖    1.1kg(ハーブの110%)

 瓶

 包丁orハサミ

 

▶つくりかた

 0、一番大切なことは、心穏やかに、感謝の気持ちでつくること。

   いらいらしたり、不安になったりすると、カビが生えたりします。

   これ、ほんとです(笑)

 

 1、ハーブを採取して、50度洗いします。

   果物や野菜の場合も、酵素にしたいものを50度で洗います。

   汚れをとって、枯れてるとことか元気ないとこを外します。

 

 2、ザルにあげて、水気を取ります。

 

 3、3センチくらいにカットします。

   包丁でなくハサミを使っても。

 

 4、ハーブ(果物)の重さを計ります。

   ハーブ(果物)の110%の重さの砂糖を計ります。

 

 5、瓶をよく洗って、水気をとります。

   ※殺菌については、最初は、新しい瓶を酵素用に使います。

    そして、その瓶は酵素用として使っています。

    酵素が、一度起きると、その中には、いい微生物がいます。

 

 6、ハーブと砂糖を、ミルフィーユのように交互に重ねていれます。

   手でよくまぜます。

   ※自家製酵素ドリンク(非加熱)があるなら、

    それを助剤として加えます。

 

 7、毎日、1回まぜます。

   私は、手で混ぜるのは、最初だけで、それから先は

   レードルやスプーンでまぜます。

   手の常在菌を投入するといい。と言われていますが、

   出来上がると、お友達に振る舞ったりするわけで。

   できるだけ気持ちよくしたいものです。

   仕込む時は、なんども手で薬草を洗ったりして

   手もキレイになって、一連の作業として、

   最後に素手で混ぜるわけで。

   それならいいかなと。

   かき混ぜるレードルも、酵素専用を決めましょう。

   カレーとか混ぜたレードルと兼用はしたくはないもの。

 

 8、泡がでてきて、シュワッとしてきたら、味見してみましょう!

   砂糖の味が変化してることを感じるでしょう。

 

 9、泡がでなくなっても、毎日混ぜます。

   味見をして、砂糖の味がショ糖の味が、

   完全に消えたらできあがり。

 

 10、アミの上に、さらし布を置いて、漉します。

    液体を、炭酸用のボトルに入れて。冷蔵庫で保管します。

    冷たい炭酸で割るとすっごく美味しいです☆

    ハーブコーディアルのように♪

この記事を書いた人

あかざえり

あかざえり

クリエイティブディレクター
「コンセプト、空間、グラフィック、器、料理まで、トータルデザインするプロデューサー。ミシュラン星付きレストランやクリニックなど多数手掛けてきたが、師匠が癌で他界したことをきっかけに、デザインの力で人生は変えれても、人の命は救えないことに気づき、京都の百年町家で暮らしはじめる。薬草を育て、自然とつながる暮らしに没頭。いつのまにか、デザインする発酵研究家に。(社)日本腸美人コンシェルジュ協会 代表理事。「発酵生活de腸美人」編集長。

follow us

  • facebook
  • twitter
  • instagram