うつくしき 自然とつながる暮らし方

長息法・心と体をリラックスさせて腸美人 478呼吸法

投稿日:2016.11.25th

人間にとって一番大切な食べ物って何かご存知ですか?

それは「呼吸で取り入れる酸素」です。

食べ物は、1週間 食べなくても生きれるけれど、
呼吸は、10分もしないと死んでしまいます。

そんな、大切な「呼吸」をおろそかにしていませんか?

お寺で朝座禅

呼吸法をおこなえる、日本らしい座禅がお気に入りです。

夜明け前に
ほんわか温かい白湯を飲んで
お寺に歩いていきます。

門をくぐり、静まった木々の道は真っ暗
でも、月明かりなのか、ぼんわりと道は見えます。

そこに、院の入り口の光がなんとも美しく現れます。

竹の門が開かれ、藁の草履に履き替え、
静かに座禅堂に入ります。

%e5%ba%a7%e7%a6%85%e5%a4%9c%e6%98%8e%e3%81%91%e3%81%be%e3%81%97

 

暗闇のお堂の中に、お燐の音が鳴り響き
それにあわせて深呼吸。
音にみちびかれるように瞑想に入ります。

朝は空気が澄んで
空気が美味しいって感じるのです。

鳥がさえづり始め
木々は、夜に蓄えた酸素を、夜明けとともに一斉に放出します。

お堂の中は、新鮮で濃い酸素で満たされます。

とっても気持ちよくて、
起きてるのに、眠っているような・・・
上質な酸素をたっぷり、脳とカラダ全身に行き渡ってゆきます。

お寺で朝座禅を繰り返すことで得た気づきは、
人間にとって、一番大切な食べ物は「酸素」だと実感できたことでした。

これまで、上質な酸素を摂取することを意識しないで
「食事療法」に夢中になってた自分は
何をやってたんだ・・・?って、感じです。

究極な美食って、植物がつくりだした美しい酸素を
清浄な空間でいただくことだなって。

だって、超人や仙人たちって霞を食うっていうでしょ。

こんな贅沢を、これまで、おこなっていなかったのか、、と思うと
なんてもったいないことを、していたのでしょう。

 

座禅がおわると、すっかり夜が明けており
目の前に、美しい紅葉の 鮮やかな美しさが迎えてくれます。

もうありえないくらいの贅沢!!!

%e5%ba%a7%e7%a6%85%e7%b4%85%e8%91%89

座禅の後は、美しいお庭を、ウォーキングで、ぐるっと一巡り。

編集部のある京都では、あちらこちらで座禅が行われています。

インターネットで公開していない非公開の院での座禅でも
だれでもが参加できる門が開いているのです。

でも、なぜか、自分がその視点にない時は、気づかない。
わたしも、ずっーと、気づかないで観光ばかりしていました(笑)。
目が節穴ですね。

さて、美しい紅葉と野鳥のさえづりに包まれながら
家にもどったら、自分で育てた菜園で
今日一日で食べれるだけのハーブを採取して、それはお昼と夜ごはんに。

そして、抹茶を点てて朝ごはん。

%e6%9c%80%e4%b8%8a%e3%81%ae%e9%8c%a6%e4%b8%80%e6%9c%8d

青汁と同じ効果のある
日本人にぴったりのハーブティが抹茶なのです。

朝は、消化の時間なので固形物は食べない方が
胃腸に負担をかけずに、頭も冴えわたります。

これだけ充実した朝を堪能した後は、
心地よく古楽器の音色を聴きながら
パソコンに向かって仕事を始めます。

それでも、まだ8時!!
これから一日の時間はたっぷりあります。

このリズムを手に入れてから、人生がどんどん素晴らしくなっていきました。

 

でも、仕事の締め切りに追われている時は、
お寺に行かずに、音楽を聴きながら、1分でできる478呼吸法をします。

そうすると、すぐに、仕事がはかどります。

その、いますぐ始めれる、家の中でも、どこでもできちゃう
簡単にできる478呼吸法をお伝えしますね。

 

呼吸を整え不眠症改善

まず、医学的にも呼吸を整えることが効果があると発表されています。

アメリカの南カリフォルニア大学研究グループは
瞑想の睡眠障害を改善する効果について報告しています。

ロサンゼルスで平均年齢66歳49名に臨床試験を行い
その約50名を以下の2つのグループに分け

1、呼吸法(瞑想)を行うグループ
2、よく眠れる教育を受けるグループ

ピッツバーグ睡眠質問票(PSQI)」で、睡眠について調査。

結果は、「瞑想・呼吸法」を行ったグループの方が、睡眠障害の改善がみられました!理論を学ぶことよりも、実践で呼吸を整えたほうが、結果がでたということです!

難しく考えるよりも、まず、やってみることですね〜
いますぐ、どこでも、1分でできちゃう
簡単な呼吸法はこちら

 

簡単1分でできる、478呼吸法とは

478呼吸法とは、アメリカのアンドルー・ワイル博士という薬用植物の世界的権威である学者さんが提唱された呼吸法です。リラックスするために行う「ゆっくり呼吸法」。

  1. 口を閉じて、4つ数えながら鼻から息を吸い込む
  2. 次に、7つ数えながら息を止める
  3. そして、8つ数えながら口から息を吐き切る

これを、1サイクルとして、3回繰り返します。
3回繰り返すとだいたい1分ぐらいになります。

実際に試してみると、
この4-7-8呼吸法は、脳に酸素が行き届いた感じがして
気持ちが穏やかになります。

その他にも、いろんな呼吸法がありますが
この呼吸法の良いところは、
忙しいときでも、仕事の途中でも、電車の中でも、どこでも、
他人に気づかれずに、スマートに行えるとこが、気軽でいいですね!

慣れてきたら、吐く時間を長くしていくと
もっと深い呼吸に入っていけますよー。

 

 呼吸法の効果

  • 脳の活性化
  • 精神安定
  • 潜在意識の活性化
  • 記憶力の向上
  • セトロニン分泌によるストレス耐性の向上
  • 副交感神経を優位にし、心身の緊張をほぐしてリラックスさせる

 

ポイント

ストレスや不安を感じているときは、呼吸は浅くなりがちです。大きく呼吸することでより多くの酸素を取り込み、さらに呼吸を止めることで取り入れた酸素を血流に循環させることができます。その結果、副交感神経系を静めてリラックス効果を得ることができます。

無理にたくさん吸い込んだりせずに、普段の楽な呼吸を、延長するような感じで。息はゆっくり吐き出す事。心身のリラックスは息を吐き出すことで導かれます。

 

リラックスさせる「副交感神経」に注目

身体の生理機能をつかさどっている神経である自律神経には
「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。

怒ってたり、イライラしている時は「交感神経」が優位になっています。

それに対して、リラックスして心身の緊張を解きほぐしてくれるのが「副交感神経」です。

たしかに、イライラしてる時は、息が浅いなぁ。不安な時も、息が浅いなぁ。息が浅いって、恥ずかしいなぁって思っちゃいます。

いつも落ち着いてて安定感のある人って、呼吸が深い感じがしますよね。
そのリラックスの神経「副交感神経」を
徹底的に優位にさせる方法が長息法(呼吸法)です。

これは、ヨガでは、秘伝と言われるほどすさまじい威力をもった手法と言われ、
深いトランス状態にすることもでき、何かをたくさん記憶したい時や、精神が不安定な方(自律神経失調症やうつ病・ADHDやPTSD)にもストレスを緩和させる効果があります。 

ヨガ、座禅なども、必須なのが、呼吸法です。呼吸法がなくては、何も始まらないという感じです。

 

幸せの言葉

人間にとって、一番大切な食べ物=酸素です。

世界に影響を与えた、超人といわれてる人々は「長息法」を、自然にできるように身につけています。

意識しだいで、いつでも始めれる呼吸法。

お金もかからず、誰でもできる呼吸をはじめると見えてくる景色が変わっていきます。

 

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

2017年8月21日(月)
月齢/晦日月

考えをじっくりと深めるのに適している頃です。 寝る前にメディテーションをするのも効果的。