うつくしき 自然とつながる暮らし方

《種蒔き方法》無農薬でも簡単☆春から家庭菜園をはじめてみませんか?オーガニックガーデニング

投稿日:2018.03.1st

人間は、ひとりぼっちで生きるのは寂しいもの

植物も同じです

「気が合う仲間」と一緒だったら豊かな人生がおくれます

 

気の合う仲間とは、植物でいえば「コンパニオンプランツ」のこと。

コンパニオンプランツとは、お互いを助け合える仲間のことです。

いろんな個性があって、欠点や長所が、あるから、助け合えます。

 

私たち人間は、野菜を育てる時、

1つの品種だけを、同じ場所に植えようとします。

しかし、それは、自分と同じ人間ばかりを、

同じ場所に並べて、一生、暮らしなさい。

というのと同じこと。

想像してみてください。

自分とそっくりさん100人と、一生を暮らすのは、

ちょっと嫌気がさしませんか?

自分とそっくりさんだけで暮らすと、植物は強くなれません。

人間も、いろんな人と触れ合うことにより、強くなっていきます。

 

欠点があるから長所がある。

いろんな人と触れ合うことで、嫌なこともあるかもしれないけれど、

自分ができないことも補いあうことができます。

 

そんな感じで、植物を植える時も同じで、

いろんな科の植物の種をミックスして

蒔くと元気に楽しく育ってくれます。

 

自分が植えたいなーと思う

「種」を用意したら、

全部、一つのコップに入れちゃいます。

 

 

 

☆種を蒔くときのコツ☆

小さな種を、広範囲に、均一にまくのは、難しいので

川砂(海砂は塩分があるので)を、種に加えて、量を増やして

まぜまぜして、砂も一緒に蒔くと、広範囲にバランスよく簡単に蒔くことができます♫

そして、砂が種を隠してくれるので、穴を掘って種をひとつづつ蒔く必要もなくなります。

 

川砂は、川に遊びに行った時に

コンビニのビニール袋に入れて採取しておくと便利です☆

 

それを、土に、ばらまきます☆

 

 

 

 

 

 

えっ?

そんな、いいかげんに蒔いて、いいんですか?

 

ポットに、ひとつづつ蒔かなくていいんですか?

と、思われるでしょうけど!

 

自然界がお手本♪

 

空き地をみてみてください。

雑草がボーボーに生えてるところは、人間は何も手をくわえなくても、

元気に、抜いても、抜いても、生えてきます。

 

 

そして、公園などで、拾って来た、枯れ葉を

土が乾燥しないようにそっとかぶせます。

家の掃除を兼ねて、拾い集めて、種さんのお洋服に☆

枯葉をかぶせることで、水の蒸発を抑えることができます。

 

 

そして、

種さんたちに、美味しいお水を飲んでいただきましょう♪

たっぷりと、毎日お水をあげましょう♪

 

お水さえもあげなくても元気に育てる方法があります。

植木鉢では、毎日水をあげなければなりませんが、

地面(地球と土がつながってる)では、毎日水をあげる必要はありません。

天気予報で雨が降るなーと思ったらその前日に、種を蒔くと

「発芽の季節にぴったりな植物の種」だったら

雨だけで、発芽します。

森の植物たちに、人間は水をあげているでしょうか?

森は、自然の雨の恵みで発芽します。

 

発芽編はこちら

 

 

 

 

 

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

#[date] not found#
月齢/#[moonname] not found#

#[message1] not found# #[message2] not found#