うつくしき 自然とつながる暮らし方

狩猟採集民も牧畜民もいつもハングリー☆お腹を空かしてるというのが自然なこと《アフリカ狩猟民族から学ぶ04吉富信長》

投稿日:2017.02.20th

アフリカ狩猟民族から学ぶシリーズ04 吉富信長

 

ハッサベ族は採集民でもあります。

今日は木の実を食べました。(野生の木にしては、意外と甘い)

 

狩猟採集民も

牧畜民も

彼らはいつもお腹をすかしています

 

お腹いっぱい食べることもあるのでしょうが、

多くが腹五分~腹八分

といったところでしょうか。

熱帯雨林を除くアフリカ大陸の多くが限られた資源で成り立っています。
ファミリー全員がお腹いっぱい食べようとすると、
労働時間も倍になるのでしょう。

狩猟は早朝から3時間程度でキリをつけます。
なぜなら、日中は暑すぎて集中してハントするにはかなり過酷です。
涼しいうちに終わらせる必要があります。
もちろん、獲物をゲットできないことも普通にあります。

牧畜民の食事も少量です

おみやげにピーナッツ持って行ったら、

すぐに開封して、みんなでボリボリ食べていました。
よほど、お腹空かしてるんだろうと思いました。

 

私の祖父母もよく言っていました。

 小さい頃はとにかくお腹空かしてたよ

 

と。

まあ、日本の場合と、アフリカ大陸では、

また意味が違うかもしれませんが。

でも、お腹を空かしてるというのが、
本来なら自然なことなのかもしれません。

 

 

吉冨信長さんの勉強会  2017年03月25日+26日

発酵料理研究家 井口和泉&久保ゆりか の 発酵調理教室

________________________________

 ライター:吉冨信長(食と健康に関する情報をFacebook等で日々発信)

編集  :小酒句未果 & あかざえり

 

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

2017年8月21日(月)
月齢/晦日月

考えをじっくりと深めるのに適している頃です。 寝る前にメディテーションをするのも効果的。