うつくしき 自然とつながる暮らし方

春の食材 「蕗(ふき)」:ヨーロッパでは栄養療法によく使われる食材 英語でバターバー

投稿日:2017.05.2nd

今年の蕗(ふき)はもう食べましたか?

実家の庭に20年も自生している蕗(ふき)を取りに来ました。

放ったらかしのもので、カッコよくいえば無農薬無施肥です。

 

(ふき)はヨーロッパで栄養療法によく使われる食材です。

英語ではバターバー(Butterbur)と呼ばれています。

え、バター?と思うかもしれませんが、

実はヨーロッパの伝統社会では

バターを蕗の葉で包んで保存していたそうです。

そこからバターバーという名前になったとのこと。

 

また、臨床では蕗の抽出物が

アレルギー性鼻炎や片頭痛のための治療に使われてます。

(二重盲試験でも顕著に有意差出ています。schapowal et al,2004)

 

今年も蕗(ふき)をぜひ食卓に並べてください。

何より美味しいですね。

もちろんアクはしっかり抜いてください。

 

__________________________________________________________

ライター:吉冨信長
(食と健康に関する情報をFacebook等で日々発信)

編集:小酒句未果 

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

2017年8月20日(日)
月齢/有明月

頑張りすぎていませんか? ローズの香りを取り入れると幸福感に満たされます。