うつくしき 自然とつながる暮らし方

もしかしたら…うつ病じゃない? それって、アドレナル・ファティーグ(副腎疲労症候群)かも? だ液検査で診断できる不定愁訴

投稿日:2017.08.25th

疲れが取れない、

寝ても休んでもだるい、

朝起きられない、

何となく体調がよくない、

気力がない、気持ちが落ち込む、

イライラする、

頭がボーっとする、

甘いものが止められない、

眠れない、熟睡感がない、

午後になると少しずつ元気になる。      

 

患者様が来院される目的の症状の中に、

このような症状の方が最近とても多くなっています。

 

中には、

何か大変な病気を患っているのでは

ないかと色々な病院を受診し、

検査をするけれども、

 

これといった異常はない…

 

精神的な問題だと言われ、

抗うつ剤などの服用を勧めらる。

 

しばらく飲んではみるものの、

効果があるのか分からず自己判断で中断してしまう。

 

インターネットからあらゆる情報を得、

不調の原因を検索していく。

 

 

辿り着いた先が…

 

もしかしたら私はこれなのではないか。

家族はこれなのではないか。

 

院長の診察の前に、

事前に記入して頂いた問診票を元に、

お話を伺うのは私の担当です。

 

一人では受診できないくらい、

座っても居られないくらい、

倦怠感が重い方もいらっしゃいます。

 

重い症状が長期に渡れば、

それだけ長い間本当に辛かったんだろうなと、

お話しを伺う中で、

共に泣きそうになってしまうこともあります。

しかし、

私はナースですので…気持ちを切り替えて。

 

アドレナル・ファティーグ(副腎疲労症候群)

 

副腎は腎臓の上にある小さな臓器で、

多種のホルモンを分泌する内分泌器官です。

 

人はストレスを感じると、

この副腎からストレスに対抗する

ホルモンのコルチゾール

というホルモンをだし

日々のストレスから心身を守ってくれます。

 

しかし、

日常的にストレスが多すぎると

副腎が疲れ果て機能が低下してしまいます。

 

副腎は、生命の維持にとって

重要な数々のホルモンを分泌しているため、

副腎が正常に機能しているか、否かは、

生命そのものに関係してきます。

 

ストレスとは、

死別や離別、

仕事や人間関係、

過労、病気、ケガ、環境、喫煙、薬、

有害な食品や物質など、

あらゆることがストレスの源となります。

 

ストレスの量が許容量を超えて

副腎が対処できなくなると

アドレナル・ファティーグ(副腎疲労)が起こるのです。

 

アドレナル・ファティーグの主な症状は

慢性的な疲労感と言われています。

疲労は数値では測れないため、

病院に行って検査しても特に異常ありません…

と言われてしまうのです。

 

でも、体は疲れていて原因不明の体調不良が続く。

もう、どうしたらよいのか分からない。

 

アドレナル・ファティーグ(副腎疲労)の検査

 

だ液による検査法です。

 

日本ではまだ保険適用外であり、

一般にはあまり知られていないようです。

 

だ液中に検出されるコルチゾールの分泌量を測り、

コルチゾールの日内変動をみることで

副腎疲労症候群の進行程度(レベル)を

知ることができます。

 

だ液コルチゾール検査は、

だ液を採取するだけの検査です。

 

普段の生活が送れる日に、

指定された時刻の1日4回、

専用の容器にだ液を採取します。

 

朝6~8時、昼12時、夕16時、夜20時頃の

計4回だ液を検査すれば、

コルチゾールの日内変動(分泌リズム)を知ることができるのです。

 

副腎に問題がない人は一般的に、

体が活動し始める朝にコルチゾールの分泌量が高くなり、

夜に向かって減少していきます。

 

朝にコルチゾールが十分に分泌できなかったりすると、

朝起き上がれない。

夜は分泌量を抑えて眠らなければならない時間になってから、

分泌量が上昇すると、

元気になって動き回ったり、眠れなくなったり。

 

コルチゾール分泌量の日内変動は

正常範囲より高すぎても低すぎても問題になり、

常にほどよいバランスで分泌されていなければならないのです。

 

もしかしたら…アドレナル・ファティーグ?

 

自己診断チェックしてみませんか?

 

 

 

現代社会に生きるわたしたちは

ストレス社会の中で生活しています。

まったくストレスのない生活を送れる人は

いないのではないでしょうか。

 

ストレスに由来する

アドレナル・ファティーグは

誰にでも起こりうる病気です。

 

あなたの笑顔、

あなたの大切な人の笑顔

失われないように

少しでも良いから

病気の知識を持って貰えたら

 

健康だった生活を奪われる前に

健康だった生活を取り戻すために

困った方々に伝わりますように…

 

 

〜しあわせのことば〜

朝、目が覚めて気持ち良く背伸びをした

きつかった頃のことを思い出す

今、当たり前にできているあらゆることに

幸せなんだと感謝する

 

アドレナル・ファティーグ(副腎疲労)の検査は
こうやクリニックで受診していただけます

詳しくはホームページをご覧ください

http://www.antiaging-fukuoka.com/

 

 ライター:Yuko

看護師。仕事と育児の両立を成し遂げ、医療の現場で休む間もなく働いてきたが、自身の体調不良から、人生にはゆとりと安らぎが必要だと痛感。人生を楽しく幸せに過ごすための手だてを見つけて伝えていきたいと願う。
抗加齢医学会認定指導士、認定ONP、ケトジェニックダイエットアドバイザー、サプリメントアドバイザー、腸美人コンシェルジュ・プロ

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

#[date] not found#
月齢/#[moonname] not found#

#[message1] not found# #[message2] not found#