うつくしき 自然とつながる暮らし方

話題の「干しぶどう酢」で心もカラダもキレイに!《腸ベジ》

投稿日:2018.01.28th

昔から健康によいとされている

お酢

お酢を摂取すると血行がよくなり、新陳代謝が活発になることが期待できます。

最近のテレビや健康雑誌ではこの“お酢”とのタッグで様々な食材が特集されています。

酢玉ねぎ、酢生姜、レモン酢、バナナ酢・ゆず酢、酢にんにくなど。

たくさん上がりますが、その中でも干しぶどう酢が大きな話題を呼んでおります。

 

干しぶどう酢は、乾燥させた“干しぶどう”をお酢に漬けたもの。 

干しぶどうの栄養

◆腸内環境を整えてくれるぶどうの皮に含まれる「食物繊維」
◆貧血予防の「鉄分」が豊富
◆抗酸化作用が高く、ダイエットや美容にいい「ポリフェノール」が豊富
◆塩分を排出し、むくみを改善する「カリウム」
◆骨の強化やダイエット効果のある「カルシウム」
◆エネルギーになる、吸収がはやい「ブドウ糖」

 

干しぶどうは手軽に摂取出来て、栄養素が大変豊富に含まれているので

嬉しいことばかりです。

さて、話題の『干しぶどう酢』の栄養効果は?

 

干しぶどう酢の効果

◆血糖値の急上昇の抑制
◆血圧、尿酸値が正常化
◆整腸作用
◆血流アップ
◆ダイエット効果

効果は人の体質にもよりますが、

上記にあげた様々な効果が出たと、テレビでもご紹介がありました。

 

干しぶどう酢の材料3つのみ!

食材を切ったりする必要がないので、作り方もとっても簡単です。

 

【干しぶどう酢】

<材料>

・干しぶどう 100g

・お酢(りんご酢がオススメ) 50㏄~

・ハチミツ 大さじ2

<作り方>

①お酢とハチミツを混ぜる。

②煮沸した保存容器に干しぶどう、①を入れ、冷蔵庫で1日置く。

※冷蔵庫で1ヶ月保存可能。

※干しぶどうはオイルコーティングされている場合があります。

 その場合は、干しぶどうを40℃~のお湯につけて洗い、

 ザルでよく水気をきり、乾燥させてからお酢に漬けましょう。

 オイルコーティングされた干しぶどうは、油が酸化する為、出来ればオイル不使用のものを選びましょう。

 

出来上がった「干しぶどう酢」はそのまま食べるのはもちろん、

アレンジが出来るので、万能です!

 

『干しぶどう酢入りコールスロー』

紫キャベツのコールスローに、干しぶどう酢とくるみを加えて!

 

『かぼちゃの干しぶどう酢サラダ』

かぼちゃのサラダに干しぶどう酢、ナッツを加えて!

 

『干しぶどう酢とりんごのスムージー』

今回は、豆乳、シナモンを加えました。

 

干しぶどう酢の食べ方

◆そのまま食べる
◆ヨーグルトと一緒に食べる
◆サラダにトッピングする
◆パンやスイーツの副材料に使用する
◆細かく刻んで、ソースにする

 

様々な食べ方が出来ます!

ただし、健康に良いからと言って一度にたくさん食べてしまうと

糖分の摂りすぎになるので、干しぶどうは一日大さじ1程度を目安に摂取しましょう。

是非、お好きな食べ方でお試しください!

 

TODAY'S MOON

穏やかに やさしく 過ごせますように

#[date] not found#
月齢/#[moonname] not found#

#[message1] not found# #[message2] not found#